ホープ・インターナショナル開発機構

ホープのプロジェクト
HOME >  ホープのプロジェクト >  国別に見る >  カンボジア

カンボジア

カンボジア西部にあるポーサット州では、住民の約半数が貧困基準以下の生活を送っており、カンボジア国内でも特に貧しく開発が遅れている地域です。安全な水が手に入らないため、生活用水に池や川、雨水を利用せざるをえない人々は感染症や水に起因する病気にかかる危険にさらされています。カンボジアでは貧困の連鎖から抜け出すため、学校建設など青少年を対象にした教育支援、井戸の建設による安全な水の供給、保健・衛生教育を行い、さらに、地域コミュニティーの必要に応じてアニマルバンクによる牛や水牛の貸出し、現金の小規模融資などを行うマイクロクレジットを組み込んだ包括的コミュニティー支援を行っています。
 
 

活動内容

 

コミュニティ・エンパワメント

 

a. プロジェクト開始前の住民全体会議
井戸設置作業前にプロジェクト概要、支援目的、住民による協力の必要性等を話し合い、住民自らがプロジェクトの主役であることを説明するとともに互いの信頼関係を築きます。

 

b. 井戸の維持管理指導
住民自らが井戸の維持管理ができるよう、スタッフの指導を受けながら住民主導で作業を進め、井戸の構造やメンテナンス方法を学びます。また、設置される井戸が与えられたものではなく自分たちの責任で管理していく井戸であるという意識を育てます。

 

安全な水の供給、衛生促進

 

a. 井戸の設置
井戸の設置により安全な水が得られるだけでなく、水源が近くにあることで家庭菜園での収穫量が増えます。

 

b. 保健・衛生教育活動
安全な水の供給が健康改善につながるよう、基本的な手洗い、家の衛生管理、汚水とそれが原因で発症する病気、井戸の衛生管理の重要性、水の適切な使い方等を指導します。

 

経済的自立支援

 

a. 家庭菜園支援
食糧を確保し、余剰分を市場で売り現金収入が得られるよう、家庭菜園用の道具や種を提供し、収穫量を増やすための効率的な農作物の育て方、堆肥の作り方、害虫駆除の方法等を指導します。

 

b. 自助グループ(Self Help Group)の促進
自立への足掛かりとして自営業を始めるための資金を必要としている人たち(特に女性)で自助グループを作り、お金の概念、管理、資金活用計画、返済プラン等について勉強会を行います。その後、各メンバーによって作成された計画書をグループがとりまとめホープに融資を依頼します。融資を受けて自営業を始めることで現金収入を得られるようになり、無理なく返済しながら貧困のサイクルから抜け出すことを目指します。

 

c. アニマルバンク
各世帯に一頭の牝牛を約18ヶ月間貸与します。この間、牝牛は自然の肥料で土壌を豊かにし、より広い面積の畑を耕します。やがて仔牛が生まれ、貸与期間終了後、仔牛は家族のもとに残され、牝牛は次の家族に貸出されます。

 

 

 

実施年度 地域 支援内容
2015年~進行中 クラヴァン地区
タ・デイス村、トゥール・ポン・ロ村
井戸150基の設置、家庭菜園支援、保健・衛生教育、
トイレ150基設置、マイクロクレジット
2014年~2015年 クラヴァン地区
プレイク・ワン村、アンクロン村
井戸150基の設置、家庭菜園支援、保健・衛生教育、
マイクロクレジット
2012年~2013年 プテアロング地区
ボトロンダル村、カンダル村、プラオス・クバル村
井戸100基の設置、家庭菜園支援、保健・衛生教育、
マイクロクレジット
2010年~2011年 クラヴァン地区
オロンチャン村、クロルバオ村
井戸100基の設置、家庭菜園支援、保健・衛生教育、
マイクロクレジット

 

 

教育

 

a. 学校建設
小・中学校建設、教室増設、備品設置をし、近くに学校がなく通学をあきらめてしまったり、親と離れて暮らさなければならない子どもたちに新たな教育の機会を与えたり、通学しやすい環境を作っています。

 

b. 給食プログラム
子どもたちの適切な栄養の摂取と健康増進のため小学校で給食を提供しています。また、その為の家庭菜園や米作りなどの食糧生産も同時に行い、食の大切さを正しく理解し健全な食生活を養うことを目指しています。

 

実施年度 地域 支援内容
2015年 クラヴァン地区
アンクロン村
小学校建設・備品設置
2014年 クラヴァン地区
プレイク・ワン村
中学校建設・備品設置
2013年 クラヴァン地区
プテアロン村
中学校建設・備品設置
2012年 クラヴァン地区
オロンチョン村、チャン・セレイ村
小学校建設・備品設置
小学校教室増設・給食プログラム
2011年 クラヴァン地区
オ・ルセイ村、チャン・セレイ村
中学校建設・備品設置
小学校建設・備品設置
2010年 クラヴァン地区
ドムナック・カンセイング村
小学校教室増設、備品設置

 

 

プロジェクトの詳細についてはこちら

水供給+衛生教育

ホープは、安全な水こそが教育、仕事、健康、食糧生産等すべてにつながる基盤だと考え、井戸や水供給システムの設置や保健/衛生教育を通して人々の自立を支援しています。

マイクロクレジット

無担保・低金利の少額融資で、極めて貧しい生活をしている人々へ自立の機会を提供します。また、アニマルバンク事業では、農業に必要な動物の貸出しています。

教育支援

貧困の連鎖を断つために、学校建設や職業訓練、農業指導、小規模ビジネスの機会を提供しています。