ホープのプロジェクトは、世界で最も貧しい環境にある人々が確実に貧困の連鎖から抜け出せるよう、長期的にサポートするものです。

水供給・保健教育
水供給・保健衛生教育は、自立に向けて第一歩を踏み出そうとする人々への最初の支援です。安全な水へのアクセスがない地域での水供給と保健衛生教育は、人々の命を守るだけでなく、健康状態と生活環境を改善し新しい道を開きます。水汲みの重労働から解放されることで、農業など収入につながる仕事に時間を使えるようになり、子どもたちは学校に通えるようになります。作物の栽培に時間をかけられるようになると、収穫量も増え、日々の食料に困ることもなくなり、家族で食べきれない分を売ることで収入も得られるようになるのです。

マイクロクレジット
ホープの支援地域の人々の多くは一日100円以下で生活しています。ホープが実施するマイクロクレジットプログラムは、少額のお金を無担保・低金利で貸出し、小規模ビジネスなどの仕事を始めるきっかけを提供します。このプロジェクトの主なターゲットは女性です。ビジネスを始めるために必要な読み書き、ローンの管理、返済計画などのトレーニングを実施し、女性の地位向上と社会活動への積極的な参加を後押しします。彼女たちの前向きな行動が地域の活性化につながるのです。

教育
若者がより良い将来を築くために教育は不可欠です。しかし、ホープの支援地域では校舎は痛み危険なため、子どもたちは安心して授業が受けられません。また、教師不足も大きな問題の一つです。教師の賃金は低いため、志はあっても生活をしていけず辞めざるを得ないのです。次世代を担う子どもたちが安心して学べるように、ホープは学校建設と教師の労働環境改善に取り組んでいます。

 

ホープの活動国