ホープ・インターナショナル開発機構


 

寄付をする

 
「食べるものもなく、希望も失いました・・・」
これは村を襲った内戦の波から家族と共に逃れてきた生存者の言葉です。
 
南スーダンの村を内戦が襲った時、彼らは命を守るため、何も持たずに村から逃げてきました。食べ物も日用品も、農作業には欠かせない大切な農具さえ持ってくる時間もありませんでした。
 
南スーダンでは内戦に由来する食糧危機も悪化の一途をたどり、深刻な問題となっています。ホープ・ネットワークは内戦、干ばつ、食料危機が落ち着くまでの間、彼らのように内戦から逃れてきた人々に食糧の供給や作物を栽培するために必要な農具や種を提供するなどの支援を実施しています。
 
地元スタッフの報告によると、内戦のあった地域から約1500人の国内避難民がホープの活動地域へ逃れてきたため、食糧危機がさらに悪化し緊急支援が必要になったとの事です。
 
この非常事態に際し、ホープは現地の人々の命に係わると判断し緊急支援を行うことにいたしました。
南スーダンへの募金にご協力ください。
 
■10,000円:命の支援(一人分の食料、種、農機具、テントの提供)
■50,000円:家族の支援(一家族を飢餓から救うための食料提供)
 
*お寄せいただいたご寄付は全額現地に送られます。
*当団体への寄付金は税制上の優遇措置を受けることができます。
 


南スーダンへ5,000円を寄付します


 

南スーダンへ10,000円を寄付します


 

南スーダンへ50,000円を寄付します


 

南スーダンへ100,000円を寄付します


 

南スーダンへその他の金額を寄付します

 
ホープは活動国やこれまでに関係のあった国で大きな災害が発生したときに限り、緊急支援を行っています。