カンボジア

井戸500基が設置され、15,000人が貧困から自立へと歩みはじめました。


ホープ・ネットワークがカンボジアで活動を始めたのは1991年。当時のカンボジアではまだ内戦がおこっており、活動地域の西部ポーサット州は世界で最も貧しい地域といわれていました。日本で設立されたホープ・インターナショナル開発機構(以下ホープ)がカンボジアの支援活動を開始してから、現在までにおよそ3万人15,000人が貧困から抜け出し、自立への道を歩みはじめています。

貧困から抜け出すための最初の支援として、安全な水の供給と衛生習慣の促進に重点を置ています。基を超えこれまでに設置した井戸により、今でも何千もの家族が安全な水を利用し続けています。井戸が与えられたものではなく自分たちの責任で管理していくという意識(オーナーシップ)を持てるよう、利用者には積極的に井戸の設置に参加してもらい、維持管理の指導も行っています。

支援プログラムには井戸の設置と保健衛生教育に加え、堆肥式トイレの設置と利用促進、家庭菜園を始めるための種や農具の提供と農業支援が含まれています。このように幅広い支援で家族が健康になり、菜園の収穫量が増え、収入が増え、子どもたちが学校に行けるようになるなど、自立に向けた変化が生まれる仕組みになっています。

次の支援のステップとして、現金収入を増やすために効果的な少額融資を行うマイクロクレジットプログラムがあります。主に女性を対象としたプログラムですが、融資をする前に読み書きや返済計画等の細やかなトレーニングが行われるため、これまでに返済できなかった例はありません。女性たちが融資を元に始めた小規模ビジネスは家族だけでなく、コミュニティー全体にも利益をもたらしています。他にもアニマルバンクは牛や水牛を一定期間貸し出すことで家庭菜園の収穫量を増やし、収穫した作物を売ることで現金収入の増加に役立っています。

また、ホープは地域の子どもたちの教育のため、安全で耐久性のある学校建設にも携わっています。さらに学校菜園や給食などのプログラムを進め、教師や栄養不足に陥っている子どもたちの支援を行う予定です。

カンボジアではそれぞれのプログラムの組合せによってコミュニティーの発展を確実にしています。

 

 

水供給・衛生教育、マイクロクレジット

2015年~進行中 井戸150基設置、家庭菜園支援、保健・衛生教育、トイレ150基設置、マイクロクレジット
事業地:タ・デイス村、トゥール・ポン・ロ村
2014年~2015年 井戸150基の設置、家庭菜園支援、保健・衛生教育、マイクロクレジット
事業地:プレイク・ワン村、アンクロン村
2012年~2013年 井戸100基の設置、家庭菜園支援、保健・衛生教育、マイクロクレジット
事業地:ボトロンダル村、カンダル村、プラオス・クバル村
2010年~2011年 井戸100基の設置、家庭菜園支援、保健・衛生教育、マイクロクレジット
事業地:オロンチャン村、クロルバオ村

 

学校教育、給食支援

2015年 小学校建設・備品設置
事業地:アンクロン村
2014年 中学校建設・備品設置
事業地:プレイク・ワン村
2013年 中学校建設・備品設置
事業地:プテアロン村
2012年 小学校建設・備品設置、小学校教室増設・給食プログラム
事業地:オロンチョン村、チャン・セレイ村
2011年 中学校建設・備品設置、小学校建設・備品設置
事業地:オ・ルセイ村、チャン・セレイ村
2010年 小学校教室増設、備品設置
事業地:ドムナック・カンセイング村